H1タグ

潤睡ハーブ 口コミ情報

潤睡ハーブ 口コミ情報

寝たいのに寝れない・・・本当につらいですね。
人生の3分の1ほどは、睡眠に費やします。
3分の1もの時間が苦痛に悩まされるなんて、つらいですね。

睡眠が不十分だと起きてからも、頭がすっきりしなかったり、
体調が悪くなったりとこころも体も疲れてしまいます。

そんな方を救ってくれるという潤睡ハーブ。
実際に潤睡ハーブ飲まれた方の94%もの人が満足しておられるようです。

では、潤睡ハーブを飲まれている方はどのような感想をもっているのでしょうか。
口コミをご紹介します。

ある方は、夜ベッドで寝なければと考えれば考えるほど目が覚めてしまっていたそうです。
自分でいろいろ調べてみても、いい解決策がなくだんだん心も疲れてしまったようです。
そんな中、潤睡ハーブを飲むようになってぐっすり寝れるようになったそうです。
ぐっすり寝れると、朝も気持ちがよく、散歩もはじめられたそうですよ。

口コミを見ると、潤睡ハーブを飲んで、心も体も元気になられたようですね。
眠りの質はとても大切です。
熟睡できれば、あたらしい事も始めたいと思うかもしれません。
潤睡ハーブで、新しい人生が始められるかもしれませんよ!

副作用とかはないのか?

睡眠は心と体の健康に欠かせません。
でも、現代の多くの人が睡眠の質に悩まされているようです。

潤睡ハーブは睡眠の質を改善してくれるというサプリメント。
睡眠の質が改善でき、毎朝すっきり起きれて疲労も回復されていたら、
心も体も元気になれそうですね。

しかし、潤睡ハーブを毎日服用しても副作用はないのでしょうか?
毎日飲むものだから、副作用は気になります。

潤睡ハーブの成分はどのようなものでしょうか?
成分から潤睡ハーブの副作用を考えてみましょう。

まず潤睡ハーブは主にクロレラからできているようです。
クロレラというのは淡水産の緑藻類の一種だそうです。
太陽の光を浴びて育つクロレラは、栄養バランスがいいそうです。
ですからクロレラには、もちろん副作用はありません。

また潤睡ハーブにはギャバと呼ばれる発芽玄米などに多く含まれる
アミノ酸の一種の含まれています。
これも、自然のものですから副作用はないと言えます。

その他、ラフマエキス、クワンソウと言った成分も
植物由来成分で副作用はなさそうです。

ですから、基本的には潤睡ハーブは毎日服用しても
副作用の心配はなさそうですね。

不眠症の原因とは

不眠症は副交感神経の機能が低下し、
寝るために副交感神経が優位に立つはずの時も、
交感神経が優位にたってしまっているためにおこります。

不眠症と言っても3種類に分類することができます。
1 入眠困難は眠れない、または床についてから眠るまでに時間のかかる状態
2 中途覚醒は夜中に起きてしまう状態
3 早朝覚醒は朝早くに起きてしまう状態

特に1番の入眠困難な状態の不眠症の原因は、
交感神経が優位にたってしまい興奮が収まらないため、
なかなか寝付くことができません。

寝る時間になると、一般に副交感神経の方が優位にたち、
気持ちも落ち着くようになるはずですが、
例えば、昼間に興奮しすぎた場合、またカフェインの効果が持続している場合
などには、交感神経が優位にたったままになります。

また、ストレスを感じている場合も常に交感神経が優位にたち、
不眠症の原因となります。

眠れない~眠らないといけない~と考えることもストレスになります。
自分で自分にストレスをかけ不眠症の原因を作っているということです。
できるだけ、リラックスできる状態を作らないといけないんですね。

そして、2番3番の中途覚醒、早朝覚醒は、
うつ病の場合、また血圧の薬や抗鬱剤と言った薬が原因で
おこることもあります。

うつ病の場合には、薬によって改善をはかるほうがいいこともあります。